盛岡中央高等学校
ページタイトル背景

2017年 SSP海外協働課題研究事業

【引率者記】

2017年10月22日(日)から11月1日(水)ラヤマキ・セカンダリー・スクールに生徒5名と訪問してまいりました。通常の友好親睦を目的にした訪問を超えた、より深い交流を推し進めるため、生物学上の探求を協働で行うのが目的でした。

今回の訪問の主目的だった協働作業の海洋生物についての討論は、一度時間が設けられました。フィンランドの生徒たちも日本の生徒たちもパワーポイントを使って、それぞれの国で見かける生物についてのプレゼンテーションをしました。

フィンランドは第一に林業の国で、漁業はそれほどの経済規模ではないようでしたが、生徒たちは交流を深める共に、見聞を広げ、有意義な訪問になったと確信しています。校長先生にはフェリーで休日にリトアニアのタリンに連れて行ってもらったりと、友好的な雰囲気の下に快適に過ごすことが出来ました。

このような機会を与えてくださった校長先生に感謝申し上げます。